後期高齢者 保険料上限引き上げ方針

 厚生労働省は、後期高齢者医療制度の保険料上限額を、今の年間50万円から55万円に引き上げる方針を固めました。

 75歳以上のおよそ1400万人を対象にした後期高齢者医療制度の保険料は2年おきに改定され、平成24年4月に改定時期を迎えます。保険料は収入が多いほど増えますが、年間保険料の上限額は、政令で50万円に設定されています。 

 厚生労働省は、高齢化の進展や医療技術の進歩で医療費が増え続けているうえ、国の財政状況も厳しくなっており、高齢者のうち、中・低所得者の負担を軽減する措置を続けるには、所得が高い人の負担を増やす必要があるとして、年間保険料の上限を55万円に引き上げる方針を固めました。この上限額の引き上げにより、およそ20万人の高齢者の保険料負担が増える見込みです。

 

お気軽にご連絡ください

☎ 082-899-8100

受付 9:00~17:30

(定休日:土・日・祝)

メール


  ~広島市東区の社労士事務所~

    特定社会保険労務士

    小西正人/34050047号 

       労働保険事務組合

    広島労務管理研究会 グループ

専門家ネットワーク

各分野のエキスパートと連携して快適なワンストップサービスを提供できます【人事制度特化の社会保険労務士】【公認会計士】【税理士】【司法書士】【行政書士】【中小企業診断士】

新卒・中途採用の適性検査

バナークリックで詳しい説明

試験は約10分、結果は1時間以内

当事務所で取り扱っています

4,000円+税/人

自己紹介

小西 正人(コニシ マサト)

昭和49年 広島生まれ広島育ち

平成17年 社会保険労務士資格取得

平成19年 特定社会保険労務士資格取得

座右の銘 「将来の自分を予約する」

趣  味  ゴルフ、腕時計蒐集

広島東商工会会員/青年部員

中小企業家同友会会員