支給要件を厳格化=雇用調整助成金、率引き下げも

 厚生労働省は、企業が支払う休業手当の一部を国が補填(ほてん)する雇用調整助成金(中小企業緊急雇用安定助成金)の支給要件を厳しくする方針を決めました。経済情勢の改善を踏まえ、助成率の引き下げも実施します。


 現行の要件は、「最近3カ月の売上高が前年同期と比べ5%以上減少」などとなっていますが、10月から「10%以上減少」に改正します。

 支給限度日数も「3年間300日」から「1年間100日、3年間150日」に減らします。

 来年4月からは助成率も見直します。現在は大企業へは最大75%、中小企業には同90%ですが、大企業は50%、中小は3分の2に引き下げます。

 

 同助成金は、2008年秋のリーマン・ショック以降、支給要件が緩和され、支給額が高水準で推移していました。 

リーフレットはこちら

 

お気軽にご連絡ください

☎ 082-899-8100

受付 9:00~17:30

(定休日:土・日・祝)

メール


  ~広島市東区の社労士事務所~

    特定社会保険労務士

    小西正人/34050047号 

       労働保険事務組合

    広島労務管理研究会 グループ

専門家ネットワーク

各分野のエキスパートと連携して快適なワンストップサービスを提供できます【人事制度特化の社会保険労務士】【公認会計士】【税理士】【司法書士】【行政書士】【中小企業診断士】

新卒・中途採用の適性検査

バナークリックで詳しい説明

試験は約10分、結果は1時間以内

当事務所で取り扱っています

4,000円+税/人

自己紹介

小西 正人(コニシ マサト)

昭和49年 広島生まれ広島育ち

平成17年 社会保険労務士資格取得

平成19年 特定社会保険労務士資格取得

座右の銘 「選択は常に正しい」

趣  味  ゴルフ、読書、腕時計蒐集

広島東商工会会員/青年部員

中小企業家同友会会員