65歳まで雇用 「義務付け」

 60歳の定年後も希望者全員雇用することを企業に義務付ける高年齢者雇用安定法改正案が8月29日に成立しました。

 現在、厚生年金(報酬比例部分)は60歳から受給できますが、男性は2013年度に61歳からとなり、以降3年ごとに1歳上がって2025年度には65歳からの受給となります。

 これに対応し、年金が得られない人を救済する目的で、企業に65歳までの雇用を義務づけます。

 現在、全国で82.6%の企業が継続雇用制度を導入し、定年後も希望者を雇用しています。ただし、その内5割強は労使協定で定めた基準を満たす人に対象を絞っています。

 改正法では、企業が労使協定で対象者を選別することを禁じます。ただし、企業の負担が重くなり過ぎないよう指針を作り、勤務態度や心身の健康状態が著しく悪い人は対象から外せるようにします。

 継続雇用の対象者の範囲は、年金の受給開始年齢の引き上げに合わせて広げ、受給開始が65歳となる2025年度には65歳まで希望者全員の雇用を義務づけます。指導や助言に従わない企業名は公表するということです。

 

お気軽にご連絡ください

☎ 082-899-8100

受付 9:00~17:30

(定休日:土・日・祝)

メール


  ~広島市東区の社労士事務所~

    特定社会保険労務士

    小西正人/34050047号 

       労働保険事務組合

    広島労務管理研究会 グループ

専門家ネットワーク

各分野のエキスパートと連携して快適なワンストップサービスを提供できます【人事制度特化の社会保険労務士】【公認会計士】【税理士】【司法書士】【行政書士】【中小企業診断士】

新卒・中途採用の適性検査

バナークリックで詳しい説明

試験は約10分、結果は1時間以内

当事務所で取り扱っています

4,000円+税/人

自己紹介

小西 正人(コニシ マサト)

昭和49年 広島生まれ広島育ち

平成17年 社会保険労務士資格取得

平成19年 特定社会保険労務士資格取得

座右の銘 「選択は常に正しい」

趣  味  ゴルフ、読書、腕時計蒐集

広島東商工会会員/青年部員

中小企業家同友会会員